WealthNavi(ウェルスナビ)とは?|今話題のサービスのメリット・デメリットを解説!

皆さん、こんにちは!

今回は自動で投資してくれる話題のサービス、WealthNavi(ウェルスナビ)について解説します。

WealthNavi(ウェルスナビ)とは?

WealthNavi(ウェルスナビ)とは、ウェルスナビ(株)が運営するロボアドバイザーと呼ばれるサービスのうちの一つです。

目標金額とリスク許容度を設定することで、人工知能(AI)が投資を行ってくれます。
投資先は国内株はもちろんのこと、米国株新興国株米国債券など多岐にわたります。
手間がかかる資産運用の「長い目で」「コツコツ」「リスクを抑え」ながらの投資をサポートしてくれます!
<ロボアドバイザーについて詳しくはこちらから>

ここからはWealthNavi(ウェルスナビ)のメリットとデメリットについて見ていきたいと思います!

WealthNavi(ウェルスナビ)のメリット!

WealthNavi(ウェルスナビ)のメリットは5つ挙げられます!

  1. 完全にほったらかしで投資ができる
  2. 投資信託よりもコストが安い
  3. 低い手数料
  4. 感情に左右されることなく資産運用できる
  5. アプリで手軽に利用可能

1.完全にほったらかしで投資ができる

ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」の資産運用のイメージ

WealthNavi(ウェルスナビ)はロボアドバイザーによる自動運用なので、完全にほったらかしで投資ができます。

株式投資をする場合、リスクを軽減するために最低でも10社には投資しておきたいところです。
となると、必然的に最低でも10社の最新の情報を常に知っておかなければならないので、非常に忙しく手間がかかります

しかしWealthNavi(ウェルスナビ)ならそうした心配をしなくてもAIが自動で運用をしてくれるので、一切手間はかかりません!

2.投資信託よりもコストが安い

WealthNavi(ウェルスナビ)は投資信託と同じ利益が期待できるにもかかわらず
投資信託よりもコストが安いです。

WealthNavi(ウェルスナビ)のシミュレーションでは過去25年で年6%の利益
対して、投資信託も目安として5~6%の利益が出ると言われますから、WealthNavi(ウェルスナビ)でも投資信託と同じ利益が期待できます。

3.低い手数料

WealthNavi(ウェルスナビ)の手数料は、資産預かり手数料の年率1%のみです!
また、WealthNavi(ウェルスナビ)の手数料は3000万円を超える部分に関しては手数料が0.5%に下がります

手数料 預かり資産3000万円まで 年率1.0%(税別)
3000万円を超える部分 年率0.5%(税別)
入金 クイック入金 無料
自動積立 無料
金融機関振込 お客様負担
出金 出金手数料 無料
取引 売買手数料 無料
為替手数料 無料
為替スプレッド 無料
リバランス 無料
口座開設 無料

※ 振込元金融機関の手数料がかかります。

WealthNavi(ウェルスナビ)なら投資信託よりも安いコストで、投資信託と同じ利益が期待できるのです!

4.感情に左右されることなく資産運用ができる

株価だったり、為替だったりの値段が下がるとどうしても不安になって売りに出しちゃいがちなんですよね、、、

でも、WealthNavi(ウェルスナビ)は、自分の感情が入ることなく、AIが理論的に投資するので、
自分の感情に惑わされることなく資産を増やすことができます!

5.アプリで手軽に利用可能

WealthNavi(ウェルスナビ)はスマートフォンに特化した、非常に使いやすいアプリを提供していて、このアプリは2018年のグッドデザイン賞を受賞しています。

投資のサイトやアプリは使いづらいものが多いので、WealthNavi(ウェルスナビ)のアプリはオススメします!

 

▼AIによる自動資産運用/アプリで簡単▼

WealthNavi(ウェルスナビ)公式サイトはこちら

WealthNavi(ウェルスナビ)のデメリット

続いてWealthNavi(ウェルスナビ)のデメリットについて見ていきたいと思います。

  1. 初期投資に最低10万円が必要
  2. 短期的で爆発的な利益は見込めない
  3. 様々な要因を受けやすい

1.初期投資に最低10万円が必要

WealthNavi(ウェルスナビ)は10万円からスタートが可能です。
決して安い値段ではないので、きちんと吟味する必要があります。

また、ロボアドバイザーを展開している他社との比較をすると、「THEO(テオ)」なんかは最低投資金額が1万円となっていて金銭面からすると始めやすくなっています。
色々な面から考える必要があるようです。

<ロボアドバイザーについて詳しくはこちらから>

2.短期的で爆発的な利益は見込めない

長期的な運用に長けているWealthNavi(ウェルスナビ)は短期でかつ、爆発的な利益は見込むことができません。

3.様々な要因を受けやすい

投資先が多数あるので、株式取引や為替レートの変動などから国際情勢をも反映してしまいます。
AIが制御しますが、どのように変動するかは未知数です。

まとめ

ここまでWealthNavi(ウェルスナビ)のメリット・デメリットを見てきましたが、
様々なことを考慮して見て、資産運用を始めようとしている人にとっては始めやすいものであると思います!

余分な手間もいらず、感情に惑わされることなくただ見守るだけで自動で資産運用してくれるWealthNavi(ウェルスナビ)!

この機会にぜひ始めてみてはいかがでしょうか?

▼AIによる自動資産運用/アプリで簡単▼

WealthNavi(ウェルスナビ)公式サイトはこちら