アクティブプランなら株式手数料が0円!SBI証券で少額投資がおすすめ!

この記事では”ネット証券最大手のSBI証券の手数料”についてご紹介していきます!

SBI証券が少額投資におススメな理由もご紹介しますね!

口座開設数No.1の実力

SBI証券はネット証券の口座開設数が約426万と断トツで1位です。(2018年3月時点)

ちなみに2位は楽天証券の261万です。

その他でもNISAの取引口座数、国内株式個人売買代金においてもナンバーワンの実力があります。

そんなSBI証券の大黒柱を支える手数料について一緒に見ていきましょう!

少額投資こそSBI証券がお得

スタンダードプラン

1注文の約定代金 現物取引の手数料(税込) 信用取引の手数料(税込)
5万円まで 54円 97円
10万円まで 97円 97円
20万円まで 113円 145円
50万円まで 270円 194円
100万円まで 525円 378円
150万円まで 628円 378円
3,000万円まで 994円 378円

アクティブプラン

1日の約定代金(合計) 取引現物の手数料(税込) 信用取引の手数料(税込)
10万円まで 0円 0円
20万円まで 206円 258円
30万円まで 308円 258円
50万円まで 463円 258円
100万円まで 822円 515円
100万円以降 100万円ごとに432円ずつ加算 100万円ごとに432円ずつ増加

スタンダードプランにおける手数料はもちろん他の証券会社に比べて安いです。

ここで注目してほしい点は、アクティブプランにおける手数料です。

アクティブプランでは、1日の約定代金の合計が10万円以下であれば現物取引・信用取引ともに取引手数料が0円なのです!

さらにこの手数料は別々に勘定されるために最大で20万円まで取引手数料が無料となります!

つまり10万円までの小型株をメインに取引する方には断然お得な料金体制となっています。

デイトレ―ドにはピッタリですね!

細かな取引でこれまで数十円の手数料を支払っていた方はぜひSBI証券に口座を移すことをオススメします。

注意
スタンダードプランでは手数料がかかりますのでお気をつけください

各証券会社ごとの手数料もまとめていますのでご覧ください。

【2019年版】おすすめのネット証券口座をランキングでわかりやすく比較!

NISAの手数料もお得

NISA(少額投資非課税制度)は年間120万円まで株式投資で得た利益が非課税になるお得なサービスです。

そのためSBI証券の手数料体系と組みあわえることでより断然お得になります。

NISA口座から取引を行えば、利益をそのままゲットできてさらに売買手数料も無料にすることが出来るのです。

NISAについて詳しいことは以下の記事をご覧ください。

0からわかるNISA(ニーサ)-初心者向けにやさしく解説-

iDeCo口座も手数料無料!

SBI証券ではiDeCO口座もお得に運用することができます

口座開設・口座移換・口座管理手数料すべてが0円なんです!

さらに運用商品を厳選してくれているために初心者の方でも安心して利用することが出来ます。

老後の資金作りも手数料を上手に利用してお得に運用しましょう!

まとめ

今回は手数料についてまとめました。SBI証券はIPO株や外国株の取り扱い数が多いなど様々な強みがあります。ぜひ一度口座を開設してみてはいかがでしょうか?開設するのは無料ですから!